渋沢栄一
論語(ろんご)の精神をもって生涯を貫いた渋沢栄一

 深谷が生んだ日本資本主義の父、といわれる明治の大実業家・渋沢栄一は、孔子の教え「論語」を生涯の行動規範とし、清廉潔白な経済人としての姿勢を貫き、多くの人々の尊敬を集めたのです。

  プロフィール    


渋沢栄一生誕の地 深谷市

 渋沢栄一は、天保11年(1840年)、現在の深谷市血洗島(ちあらいじま)の農家に生まれました。24歳のころ、徳川幕藩体制に疑問を抱き尊皇攘夷(そんのうじょうい)運動に加わりましたが、その後一橋家及び幕府に仕え、慶応3年(1867年)、第15代将軍徳川慶喜(よしのぶ)の名代徳川昭武(あきたけ)に随行(ずいこう)して渡欧。約1年滞在する中で、ヨーロッパの進んだ思想・文化・社会などを目の当たりにし、大きな影響を受けました。
 明治元年11月(1868年)に帰国した後、大隈重信(おおくましげのぶ)の説得により明治新政府の大蔵省に仕え、財政の整備に当たりましたが、大久保利通(おおくぼとしみち)らと財政運営で意見が合わず辞職。以後は一般社会で実業界の最高指導者として活躍しました。「論語」(ろんご)の精神を重んじ「道徳経済合一説」を唱え、各種産業の育成と多くの近代企業の確立に努め、第一国立銀行創立をはじめ設立に関わった企業は500余に及びました。
 また、600以上の社会公共事業に関わるとともに、昭和6年(1931年)に亡くなるまで、国際親善にも貢献しました。


年 号
数え年
 年 譜 と 業 績
そのころの動き
1840
(天保11年)
 0●2月13日、武蔵国榛沢郡血洗島(現深谷市)に市郎右衛門、えいの長男としてうまれる★アヘン戦争起る
★ペリー浦賀に来航
1858
(安政5年)
19●尾高惇忠の妹ちよと結婚(ちよ18歳)★日米通商条約締結
1861
(文久元年)
22●江戸の海保塾や千葉道場で文武の道を学び、天下の志士と交わる
★安政の大獄
★ハリス下田に到着
1863
(文久3年)
24●高崎城乗っ取りを計画するが、尾高長七郎(惇忠の弟)の説得により中止
●喜作とともに京にのぼる
★外国船下関を砲撃
1864
(元治元年)
25●一橋家の用人平岡円四郎のはからいで喜作とともに一橋家に仕官する★長州征伐開始
★一橋慶喜徳川第15代将軍となる
1867
(慶応3年)
28●将軍徳川慶喜の弟昭武に従いフランスのパリ万博に随行★大政奉還
1868
(明治元年)
29
●フランスより帰国。一時静岡藩に仕える★五箇条の御誓文
1869
(明治2年)
30
●明治新政府に仕官。租税正となる★戊辰戦争終結
1873
(明治6年)
34●大蔵省を辞任し、第一国立銀行総監役となる
●わが国最初の洋紙製造会社(抄紙会社)の創立を指導、明治政府を退いてからは事実上の社長として尽力する。
★廃藩置県
1874
(明治7年)
35●東京養育院の事務をつかさどる★西南戦争
1878
(明治11年)
39●明治38年まで、東京商法会議所、東京商工会、東京商業会議所の会頭をつとめる
1879
(明治12年)
40●前アメリカ大統領グランド将軍の歓迎会を行う
1882
(明治15年)
43●妻ちよ死去
1883
(明治16年)
44●伊藤兼子を妻に迎える
1885
(明治18年)
46●東京府の経営廃止条例決定により、東京養育院の存続に努力する★大日本帝国憲法発布
1896
(明治29年)
57●国立第一銀行が株式会社第一銀行となりその頭取となる★日清戦争起こる
1900
(明治33年)
61●男爵を授けられる
1902
(明治35年)
63●アメリカ及びヨーロッパ諸国を兼子夫人とともに訪問し、国際親善につとめる★日露戦争起こる
1908
(明治41年)
69●八基小学校において「一村の興隆と村の自治的精神」と題して講演を行う
1909
(明治42年)
70●金融機関以外の事業会社(約60社)の役職を辞任する
●渡米実業団の団長としてアメリカに渡る

1914
(大正3年)
75●駐日実業株式会社の設立を機に中国を視察し、親善につとめる★第一次世界大戦起こる
1915
(大正4年)
76●パナマ運河開通記念博覧会の見学をかねて日米親善のため渡米する
1916
(大正5年)
77●第一銀行頭取をはじめ、金融界からも引退し社会公共事業に尽力する
●血洗島諏訪神社に拝殿を寄進する
★パリ講和会議
1920
(大正9年)
81●子爵を授けられる★国際連盟成立
1921
(大正10年)
82●ワシントン軍縮会議の視察をかねて渡米し、平和外交を促進する
1923
(大正12年)
84
●関東大震災が起こり、大震災善後会副会長となる
★排日移民法案、アメリカ上院・下院を通過
1926
(大正15年)
87
●白河楽翁公(松平定信)を記念し、東京市養育院長として第17回目の祭典をおこなう
●日本放送協会(NHK)の顧問となる
★ラジオ放送開始
1927
(昭和2年)
88●日本国際児童親善会会長として、日米の人形の交換につとめる

1929
(昭和4年)
90●宮中に参内、御陪食の栄光に浴する★世界大恐慌始まる
1930
(昭和5年)
91●救護法の実施について政府に働きかける★救護法制定される
1931
(昭和6年)
92●11月11日午前1時50分永眠
●11月14日御沙汰書を賜る
●法名、泰徳院殿仁智義譲青淵大居士
●東京都台東区の谷中の墓地に葬られる
★満州事変



理想、観念ありて、ここに自覚あり、自信あり、勇気あり


 渋沢栄一の青年時代は、時あたかも幕末の混乱期。正義感の強い熱情家の青年栄一は、若き憂国の志士として血洗島の片田舎ながら同士を募り、天下国家を論じ、激動の時代を疾風の如く駆けぬけていったのでした。


生地(中の家)

藍玉通

母屋


実業家の出発点は家業の藍の仕入れ
 栄一の家は農業、養蚕のほかに藍玉(あいだま)の製造もやっていました。藍の葉を仕入れて、藍玉という染料にして売るのです。藍玉は、「武州紺(ぶしゅうこん)」と呼ばれ、衣類を鮮やかな紺色に染め上げる染料として人気があり、深谷も生産地でした。
 栄一もよく父親、市郎右衛門の供をして藍葉の仕入れの旅にでていましたが、栄一が14歳の年、父に用事ができて、栄一と祖父とで買い出しに出かけることになりました。生意気盛りな彼は祖父を残し、一人で買付に行きます。売り手は子ども扱いして、ろくに相手をしないのですが、栄一のせりふは大人びていて、「おじさん、この葉は肥料が足りなかったね。これはシメカスを使わなかったろう?こいつは乾燥が不十分じゃないか・・・・」などと一々図星を指すので、農家の人たちが驚いたり面白がったりしているうちに、栄一は上質の葉を安く仕入れてきたそうです。

情け深い母の愛情 貞節な妻への信頼

妻のちよと長男篤二
 栄一の母「えい」は、大変慈悲深い人で、栄一は母の愛情をいっぱいに受けて育ちました。母は近所の人にも優しく、病弱な人の着物や食事の世話までしました。栄一の福祉・慈善事業への熱心さは、そんな母ゆずりといえるでしょう。
 また、尾高惇忠(じゅんちゅう)の妹でもある妻「ちよ」は、18歳のとき一つ年上の栄一と結婚。三児をもうけました。国事で外国へ行ったり、仕事で飛び回る夫の留守宅をしっかり守った貞節堅固な夫人で、栄一も全幅の信頼を寄せていました。

 
「官」への反発から世直しの意識が
 当時は、幕府の御用金調達と称して、領主が富裕な領民に金を供出させることがたびたび行われていました。栄一が17歳の時、富農であった渋沢家は、血洗島の領主安部摂津守(あんべせっつのかみ)から500両の御用金を差し出すよう申しつかりました。父親の代わりとして代官所に出頭した栄一は、身分をかさにきた役人のごう慢な態度に正論で対抗します。
 しかし、人を見くびった代官のひどい仕打ちに彼の怒りは収まらず、「あんなろくでもない人間が、ただ侍というだけで威張り散らすのは、結局、幕政が悪いからだ。階級制度が間違っているからだ。」という結論に達しました。
 こんな体制への反発が次第に青年栄一を「倒幕」の意識に駆り立て、その後も彼の生涯を通じて、流れ続けていくのです。

直前に中止された高崎城乗っ取り計画
 

 激論が交わされた惇忠の部屋(左)雅号「青淵(せいえん)」由来の淵、栄一の生家中の家(なかんち)の近くにある青々とした深い淵(右) 
 栄一の10歳上のいとこ尾高新五郎(惇忠・雅号「藍香」)は近郷きっての学者で、弟の尾高長七郎や栄一、渋沢喜作らを集め、信奉する「尊王攘夷論」を教え、論じ合っていました。天皇制・鎖国主義を唱えるこの憂国の志士達は、ついに高崎城を乗っ取り、その足で横浜を焼き払い、異国人を斬り殺し、徳川幕府をやっつけるという、とんでもない計画を立て、準備を始めました。
 京都へ世の中の動きを探りに行っていた長七郎の帰りを待ち、文久三年(1863年)10月29日尾高新五郎宅で最後の会議が持たれましたが、長七郎は自分の見聞からこの作戦に反対。あくまで実行を迫る栄一や喜作と大激論になりましたが、新五郎の仲裁で「時期早し」の結論に達し、中止しました。
 もし、この無謀な行動にでていたら、その後の渋沢栄一の偉業はなかったのでしょうが、栄一の穏やかな表情の内には、この時代に燃えた激しい情熱が秘められていたのです。


       論語と算盤(そろばん)とは一致しなければならない
 いたずらに私利私益のみに走るのではなく、公利公益も考え、他人の幸せにも尽力するのが商人の本分であると「道徳と経済の一致」を説いて、渋沢栄一は実業界の正しい発展を図り、自ら率先して手本を示したのです。

一橋家へ仕官しヨーロッパへ派遣
 武装蜂起は頓挫したものの、志なお高い栄一といとこの喜作は、情勢を探るため京都に向かいました。栄一24歳のときです
 そして、元治元年(1864年)、かねてより懇意の一橋家の重臣、平岡円四郎の勧めで、一橋慶喜(後の15代将軍徳川慶喜)公に仕官することになりました。
 直前までは倒幕計画を練っていたので、180度の転換ですが、幕末から明治維新にかけ攘夷と開国、勤皇と佐幕など様々な思想と立場が渦巻いていた時代であり、栄一の仕官は、運命を切り開いて行くに必要な決断だったのです。
 栄一は、一橋家で歩兵の募集、新しい事業の運営などみるみる頭角をあらわしていきました。このころ、薩摩藩の大物、西郷隆盛と豚鍋をつつきながら天下国家を論じ合ったり、ある事件で新撰組の近藤勇や土方歳三と接触したこともありました。その後幕臣となり、フランス訪問使節団の一員として、将軍徳川慶喜の弟、徳川昭武(14歳)の随行を命じられたのです

侍姿の栄一

断髪洋装の栄一

徳川昭武パリ万博一行


先進文明に驚嘆 感銘した人間平等
 慶応三年(1867年)1月、徳川昭武一行29名は、横浜港を出港。栄一(28歳)は昭武に、庶務・会計係として随行しました。ナポレオン3世の開くフランス・パリの世界大博覧会に徳川将軍の名代で招待されたのです。
 ヨーロッパには、約1年滞在。栄一はチョンマゲを切り、洋装に変え、旺盛な好奇心を発揮し、議会・取引所・銀行・会社・工場・病院・下水道などを見学。進んだヨーロッパ文明に驚き、また、西欧社会の人間平等主義にも感銘を受けました。このヨーロッパ視察が、青年栄一の人生を大きく変えたのです。

硬直した官界に限界実業界へ転進、成功
 栄一は、帰国(明治元年)後、日本で最初の合本(株式)組織「商法会所」を駿府(現在の静岡市)に設立。
 翌年には、明治政府の高官大隈重信の強い説得で大蔵省に出仕。明治政府初期の税制、貨幣、銀行などの国家財政の確立に取り組みました。ここでも持論の健全財政策を説き、三条実美・岩倉具視・西郷隆盛・木戸孝允・大久保利通・大隈重信ら最高首脳部を相手に一歩も譲りませんでした。
 官界の硬直した体制に限界を感じた渋沢栄一は大蔵省を4年で辞め、実業界へ転進。ヨーロッパで学んだ知識を生かし、第一国立銀行をはじめ営利企業約500社の設立に関与しました。
 栄一の生涯を通じての基本理念は「論語」の精神(忠恕の心=真心と思いやり)にあり、単なる利益の追求ではなく、「道徳経済合一説」による日本経済の発展でした。ここに、実業界の指導者としての、栄一の偉大さがあるのです。

第一国立銀行

富岡製糸場

東京株式取引所


東京商業会議所

東京海上保険会社

日本煉瓦(レンガ)製造会社工場


   慈善を慈善として行うのは真の慈善に非ず、余はこれを楽しみとする

 渋沢栄一は、社会福祉事業にも熱心で、養育院の設立をきっかけに数多くの病院や学校づくりに尽力しました。ヒューマニズムの精神で国際親善にも寄与。日本国際児童親善会や、世界の知人達と幅広く交流しました。

恵まれない人々に手をさしのべて
 渋沢栄一は、実業界の中で社会公共事業に最も熱心だった一人で、彼が関わった事業は600余に及びました。こうしたヒュ-マニズムの精神は、栄一の生涯を貫いた論語の教えのほか、母親のえいが並はずれて優しい親切な人だったことも影響しています。
 栄一は明治7年、35歳のとき、東京府からの要請で「東京市養育院」を設立。以来、92歳の天寿をまっとうするまで、56年間も熱心に養育院の院長を勤めました。養育院は、身よりのない子どもや老人を養う施設です。また、孤児院の「埼玉育児院」、精神薄弱児施設「滝乃川学園」の設立・運営や、晩年になってからも生活困窮者を救うための「救護法」の制定などにも力を尽くしました。
 栄一は、実業教育も重視し、東京商法講習所の経営に尽力。これは東京高等商業学校(後の一橋大学)に発展。その他、日本女子大学校(後の日本女子大学)の創立委員にもなっています。

東京市養育院巣鴨分院を訪問された
高松宮宣仁親王陛下とともに

埼玉育児院の子供たちと栄一


日米の子供たちが人形交換して親善 

昭和に入り、アメリカにおける日本移民排斥運動など、日本とアメリカとの関係が悪くなってきたことに心を痛めていた栄一のところに、かねてから親交のあったニューヨークのギューリック博士から人形による国際交流を行い、日米友好の仲立ちを図りたいという依頼がきました。
 栄一は、すぐに外務省や文部省と連携して、「日本国際児童親善会」を組織し、その受け入れ窓口を整えました。そして、アメリカ側から1万2739体の「青い目の人形」が届き、昭和2年3月3日の節句に、明治神宮外苑の日本青年館で歓迎式典が盛大に行われました。このアメリカ人形は全国各地の国民学校へ送られ、多くの日本人の魂を揺り動かして異常なまでの大歓迎を受けました。後に日本側から返礼として58体の日本人形がアメリカへ送られました。
 なお、「青い目の人形」は、現在、埼玉県内の小学校などに12体(全国で270体)が保存されています。


世界の著名人と親交のある国際人
 渋沢栄一は、第18代米国大統領グラント、救世軍ウイリアム・ブース、インドの詩人タゴール、中国の政治指導者孫文などと親交を結んだほか、昭和6年には中華民国水災同情会会長として義捐金を募るなど、幅広い国際親善に尽くしました。
 その遺志を受け継いで、栄一の生地は、現在「渋沢国際学園」として、外国人留学生たちの日本語を学ぶ学校として活用されています。

医療施設の整備と、医学関係協会の設立に貢献
 渋沢栄一は、医療施設の設備にも情熱を燃やし、東京慈恵医院(現東京慈恵会医科大学付属病院)、恩賜財団済生会、財団法人聖路加国際病院、日本結核予防協会などの設立と運営に関わり、大きな貢献をしました。

地図